雇用条件の曖昧さ

雇用条件の曖昧さ

雇用条件の曖昧さ

多くの美容室が開業してくる中でそのすべての美容室が雇用体制がきちんと整っているか、というとそうではない事もしばしばあるようです。そもそも美容室を開業する人の多くは、自分でお店を持つことを夢に見ていた美容師が殆どです。経営者になるべくして経営の勉強をしてきた人ではないケースも多いようです。ただ自分の思うようなお店を作ってそれで満足している経営者も多いのではないでしょうか。従業員を雇ってきちんと売上の上がる美容室にして、給料を支払う事が出来る美容室にするためには、ただ自分が人気者の美容師であるだけではだめなんですよね。自分の美容師としての腕と経営手腕とは全く別物です。見切り発車して雇用体制がきちんと整わないうちにオープンしてしまった美容室も多いのではないでしょうか。労働条件や福利厚生が悪ければスタッフは最悪の場合体力面や生活面で厳しくなってきます。もはやこのままでは生活できない、と言うところまで追い込まれてしまう美容師もいるようです。独身の時にはまだよいですが、家族が出来るとますます雇用条件は大切になってきます。このままではやっていけない、と考える美容師がいても不思議はありません。それがせっかく一人前になった美容師が辞めていく最大の理由なのではないでしょうか。

 

離職の理由はアシスタント時代の不遇

 

どんな会社に入ったとしても「新人である時代」というのはあります。雑用の様な事をやらされながら仕事を覚えていく時期ですね。ですがそれが辛い、といってやめてくサラリーマンはそんなに多くはいないと思います。ですが美容室において新人である時期の「アシスタント」というポジションはかなり辛い時期の様で、この期間に辞めていく人がほとんどなんですね。美容室においてアシスタントなのかスタイリストなのか、スタイリストの中でもトップスタイリストなのか、という事はかなりの違いがあるようです。アシスタントの仕事と言えばお店では雑用が殆どで、レベルアップしたところで毎日がシャンプーで明け暮れる事もほとんどです。閉店後には自分の練習が待っていて、帰宅時間もかなり遅くなるのが当たり前の世界、と言われています。それでいて給料が良いのならまだ耐えられるでしょうけれども、アシスタントの給料は15万円を切ることともしばしばで、実家から通っているのでなければ最低限度の生活しかできない、という人も多いようです。ですが頑張ったからと言ってトップスタイリストにまでなれる人は一握りです。その現実を見た時に先の見えない気持ちになって辞めていく人が多い様なんですね。ここが改善されなければ美容師の離職率は低くはならない、という事でしょう。

 

Pickup site !!

 

稲毛にある美容院に行く理由

稲毛にある美容院

口コミでメンズカラーが人気の横須賀美容室

美容室 横須賀 カラー 縮毛矯正 口コミ メンズ 安い 人気

大塚でカットするなら美容室へ

大塚にある美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ