勝手に喜んでいる美容師

勝手に喜んでいる美容師

勝手に喜んでいる美容師

お客さんの中には「美容師が苦手」という人も多いものです。美容師の何が苦手な理由の中には「美容師の話し相手をしているようで嫌だ」と言う事があるようなんですね。つまり美容師がお客さんに話しかけて楽しい時間を提供しようとしているのだけれども、それはお客さんにとっては美容師の話を聞く煩わしい時間となってしまっている事がある、という事なのでしょう。美容師の中には本当に心からお客さんとの時間を大切に思っている人もいるのです。それ自体は悪い事ではないのですが、その気持ちをお客さんに押し付けるのはよくありませんよね。まるで親友になったかのごとく話しかけられるのがお客さんにとっては辛い事も有るんですよね。ですから美容師は常に客観的に「お客さんが本当に楽しんでくれているか」という事を伺うべきでしょう。本来美容師の仕事はお客さんを楽しませることではありません。お客さんにヘアスタイルを提供する事なんですよね。ですからその部分でまずはお客さんに信用されなければなりませんし、自分が楽しいから、といってお客さんも楽しんでくれている、といった勘違いをするようではよくありませんよね。最初のうちは楽しんでくれていたお客さんMの、親しくなりすぎたために美容師のちょっとした態度が失礼に感じたりするようにもなります。独りよがりになっていないか美容師は気を付けた方が良いですね。

 

親しき仲にも

 

美容師の中には、お客さんと仲良くなるのが上手い美容師もいます。そしてそんなタイプの美容師の事を気に入ってくれるのもまた、人との付き合いや会話の上手なお客さんたちがと言えるでしょう。ヘアスタイルはもちろんですがその美容師との会話を楽しむために来店してくれている様なお客さんたちです。そういったお客さんたちと何度も会話を重ねていくのであれば、美容師には気を付けなくてはならない事が出てきます。いわゆる「親しき仲にも礼儀あり」という事です。どんなに親しくなったとしてもあくまでも「お客さんと美容師」であることを忘れてはならないんですね。ですが中には回を重ねるごとに気が緩んでくる美容師もいるんですね。たとえば少しぐらい待たせるのが平気になってしまう、とかちょっとした作業が雑になってしまう、といった事です。これから獲得しなくてはならないお客さんではなく、すでに自分の顧客となってくれているお客さんだ、と思うと安心感からか色々な事に対してこれまでの様に真摯に向き合わなくなってしまう事があります。そしてそういった些細な変化に対して敏感なのは美容師よりもお客さんの方なんですね。あれ?これまではこうじゃなかったのに、と言う様な疑問をもたれるようになってしまうと、あっという間にそれまでの良好な関係が崩れていく可能性があります。

 

お気に入りのサロンが見つかる

吉祥寺民に愛されるヘアサロン

吉祥寺のヘアサロン

綱島で美容院といえばここ

綱島にある美容院

桜新町から流行を発信

桜新町にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ