具体的な対策

具体的な対策

具体的な対策

では、美容室ではドタキャンしたり無断のキャンセルを繰り返すお客さんに対して、どのような対策を講じているのでしょうか。特に規則がある訳ではないので、その美容室独自のルールを設けているものなのですが、いきなり出入り禁止、というのはあまりにも厳しいと考えている美容室も多いようで、段階的に措置をとっているようです。たとえばこれまで担当してくれていた美容師を指名しても、その指名が叶わない、という風に仕向ける事も一つの方法の様です。これまで指名していた美容師の代わりに新人の美容師に担当させる、と言う感じですね。これまで特に指名をしていなかったのであれば、新人の美容師たちで担当してもらう、と言った感じです。言い方は良くないかもしれませんが、未熟な新人たちに担当させることにより、その困ったお客さん自らが美容室を変えよう、と思ってくれる方向に向ける、と言う感じでしょうか。確かにそれならば波風立てることなく解決する事が出来るかもしれません。ですが「どうしてもこれまでの担当美容師が良い」と言われてしまうと、困ってしまうかもしれませんね。何らかの理由をつけてこれまでの美容師には担当してもらえなくなった、と解ってもらうように仕向けるしかないでしょうね。

 

出入り禁止状態にする

 

あまりにもドタキャンや無段のキャンセルを続けるお客さんに対しては、美容室の方で出入り禁止にする措置を行う事もあるようです。そのお客さんの情報を店内のスタッフ全員で共有し、レセプトの人がいる美容室ではレセプトが予約の電話を受けた際には何かしらの理由を付けて断る、と言う事を続けます。レセプトを特においていない美容室であればだれが電話をとったとしても、そのお客さんの名前を共有して断るようにする、と言った事を続けます。そうするうちにお客さんの方でも予約が取れない事に疑問を感じ、おそらく自分の行動を振り返ることでしょう。出入り禁止になってしまった、とそこで初めて反省する人もいるかもしれませんし、悪びれもしないでまた別の美容室で同じような行動を繰り返す人もいるかもしれません。いずれにしてもどの美容室においても自分の美容室が損失を被ることは避けなくてはいけません。美容室によっては面と向かって、「こういう事が続いたのでお客様の予約は受け付けられない」とはっきりと言う事もあるようですね。自分の美容室がなめられている、と感じた場合には致し方ない措置だと言えるでしょう。いずれにしても常識のない様なキャンセルはやはり許されるべきではない、と思いますよね。

 

Pickup !!

 

新小岩で人気の美容院はこちら

新小岩の美容院

大島でカットの上手い美容師がいる美容室

大島の美容室

地域密着、稲毛の美容院

稲毛の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ