美容師と客と言うだけ

美容師と客と言うだけ

美容師と客と言うだけ

まず、美容師と言うのは単純に料金を支払えば自分のヘアスタイルを整えてくれる人、その人は仕事で自分の髪の毛を整えてくれている、と割とドライな感じで捉えている人もいますよね。もしかしたらそういう人は自分のヘアスタイルが整えばそれで十分だと考えていて、特に美容師を指名したりお気に入りの美容師の存在、というような事は不必要だと考えているかもしれません。最近はネット予約なども普及していて、美容室の予約を取ること自体はとても便利な感じになってきました。ですから自分の行きつけで自分が指名をしたい美容師の予約を取らなくては、という考えかたばかりではなくなってきていて、自分が美容室へ行きたい、行く必要がある、となった時にその時に空いている美容室を探し、その時どんな美容でも良いからお願いする、というとてもさっぱりとした関係を保つことが出来るようになってきています。そういった感じは人間関係の煩わしさと感じる事も無く、言ってみれば本来の「客」と「美容師」という関係そのものである、ともいえるでしょう。最初からそういうスタンスでいれば、たとえ仕上がりが気に入らなかったとしても、今度は別の美容師にお願いしたり、お店の雰囲気が合わなければ別の美容室へ行けばよい、という気楽な感じでいられますね。

 

美容師の存在とは

 

多くの人は自分のヘアスタイルを整えるために美容室を利用しますよね。そこで美容師に髪を切ってもらったりパーマをかけてもらったりするわけですが、その美容師に対してはどのような想いでいるものなのでしょうか。あっさりと考えれば「客と美容師」の関係です。お金を支払って髪の毛を整えてもらうだけの関係だと言えばそれまでです。ですが日常生活においてこれほどまでに近い距離で時間を過ごす人、というのはなかなかいません。しかもそれは客と美容師であって、決して家族でも親戚でも恋人でもありません。それにも関わらず髪を洗ってもらい、一時間以上自分の傍らにいて、なかなか他人に触れられることのない髪の毛や頭、肩のあたりをその美容師に預けることになります。そこに座っている間はまな板の鯉の様に成す術も無い状況にあります。こういった時間と言うのは美容室以外には病院や歯科以外にはないのではないか、と思います。そこで自分のヘアスタイルや頭皮を預ける美容師に対しては、何らかの思いがそれぞれにあるのではないか、と推測します。もちろんお金を支払っているんだからこちらが命令した通りにやってもらうのが筋、というのも一理あると思います。ですがやはり人と人との関わりですからそれだけでは済まない部分も有ると思われます。

 

PICKUP SITE !!

 

のんびりアットホームな雰囲気と丁寧な接客で髪のお悩み解決!

菊川にある美容室

有名店出身スタイリストプロデュースのプチプラsalon♪

立川にある美容室

大森東口徒歩1分なのでお買い物の合間やお仕事帰りに最適です!

大森にある美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ