美容師が思う「やってほしくない事」

美容師が思う「やってほしくない事」

美容師が思う「やってほしくない事」

美容師の皆さんにとって、気持ち良く施術できる環境、というのはどのような環境なのでしょうか。もちろんお客さんがあり得ないほど非常識、というような状況では、とても気持ち良く働くことはできないと思うのですが、そういうお客さんと言うのは滅多にいるものではないでしょう。もしそういうお客さんが何度も来店される様であれば、お店の方でも何らかの措置を取ると思うのです。ですから美容室に来店するお客さんの殆どは常識的なお客さんだと言えるでしょう。ですがその「常識的な」振舞いであっても、実は美容師にとってはちょっと困った事だったり、できるならやめてほしい様な態度で会ったりするケースもあるようなんですよね。私達は実際に美容師の立場として働く機会はありませんから、それがどの様な事なのかはなかなか実感する事はありません。ですが実際に細かい事でも美容師の人にストレスを与えていたりすることもある様なんですね。ですが美容師は立場として、細かい事でお客さんに注意したり責めたり改善を求めるような事を口にする事はほとんどありません。私達の方から美容師の人たちが望んでいる事や要望を聞く機会を持つしかないんですよね。最近では美容師の皆さんも個人のブログなどのSNSを通じて、お客さんに美容師の立場を発信している事が増えてきましたね。

 

美容師に気持ち良く働いてもらう

 

美容室において、お客さん側も美容師が働きやすい様にそれなりの気づかいをする事が必要、という意見に対しては当然のことながら「どうして料金を支払っている私達が気を遣わなくてはいけないの?」という意見もあるかと思います。ですが結果的に美容師が気持ち良く働くことができるかどうか、と言うことは、直接私達のヘアスタイルの仕上がりに関わってくる事だと思うのです。もちろん少々お客さんが嫌な態度をしたからと言って美容師のハサミを持つ手が極端に動かなくなるような事はあってはならない事ですし、基本的に美容師はどんなお客さんに対してでも、きちんと自分の持てる技術を心を込めて提供する事が大前提として働いています。それでも美容師は機械ではありません。感情と言う物がある限り「やりにくいな」と思いながらやるのと「やりやすい」と思いながらやるのとでは当然仕上がりに影響すると思うのです。ですから私達が最低限度非常識な事をしない、ぐらいの気持ちで美容室で振る舞う事は必要なのではないか、と思うのです。料金云々以前に、人として常識的な振舞いをする事は、お客さんとしての大前提であると思われます。そういった互いの気持ちが上手くかみ合った時に、各美容師の持っている最高の技術を提供してもらう事ができるのではないか、と思うのです。

 

TOPICS

一度は行こう八潮にある美容院

八潮にある美容院

当日予約できます!人気の府中美容室

美容室 府中 ヘアサロン カラー パーマ 当日予約 おすすめ 人気

クーポンを使ってお得に!吉祥寺の美容室

美容室 吉祥寺 ヘアサロン カラー 白髪染め 当日予約 クーポン 人気


ホーム RSS購読 サイトマップ