選ぶ余地があるお客さん

選ぶ余地があるお客さん

選ぶ余地があるお客さん

かつて美容室を探す、となると、自分の住んでいる地域や職場の近くなどの美容室へ行くしかなく、そんなに選ぶ余地はなかったと思います。ですが今はそうではありません。お客さんは美容室を自分で数ある中から選ぶことができますし、お客さん字体の行動半径も広がっています。少しぐらい遠方であっても駐車場などが完備されていれば通う事は十分に可能です。毎日通う場所ならばもっと考えるかもしれませんが、数か月に一度行くところであれば不便さよりも満足度の方を選ぶことでしょう。それだけお客さんにとっては選択肢があるんですね。自分のこだわりを持って美容室を探す事が可能ですし、それを叶えてくれる美容室に出会う事も十分に可能です。ですから割引だけを売りにしている美容室ではもはや競争にならない、と言っても良いでしょう。むしろこれだけ割引が横行していると「この美容室いつも割引しているけど大丈夫?」といった不安を抱かせてしまう可能性もあります。割引をしていない、と言う事は逆に言えば、割引をしなくても大丈夫な美容室、という見方もできるのです。美容室側が思っているほど割引に食いつくお客さんは減っているのではないか、と思うのです。それよりもあの美容室ならこれがある、といった個別の魅力を打ち出す方向が見られる方が嬉しいのではないでしょうか。

 

SNSの力を借りる

 

近年SNSが普及し始めてから色々な業界においての集客方法も大きく変わってきたと思うのです。美容室であればこれまでは美容室側が一方的にチラシやダイレクトメールなどでおーぽんした事を告知したり割引をすることを宣伝したり、といった美容室だけが発信する内容だったと思うのですが、今はそれに加えて「実際に行ってみた人がSNSを通じて情報を広げる」という事があります。これは美容室にとっては良くも悪くも自身の美容室の評価を左右する事になります。美容室が思ってもいない方向に話が広がっていく可能性もあります。美容室からのオープンの案内を見てその美容室へいってみた人がもしもSNSを利用している人であれば、その美容室へいってみたことをアップする可能性があります。それがもしも良い内容の記事であれば、美容室側にしてみれば自分たちが宣伝しなくても実際にこの美容室に来店してくれた人が宣伝をしてくれている事になります。ですからそういった可能性を意識して営業しなくてはならない、と言う事になります。たとえば来店してくれた人の仕上りのヘアスタイルをその人のスマホで撮影してあげる、というのも良いかもしれません。バックスタイルをSNSにアップしてなんらかのコメントを付けてくれる可能性も大いにあり得ます。

 

PICKUP SITE

 

綾瀬でカットに評判のある美容院

鶴瀬の美容院

カラーなら岩槻の美容院

岩槻の美容院

パーマの上手な中目黒の美容院

中目黒の美容院

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ