お気に入りの美容室の美容師さんがやめてしまった。

お気に入りの美容室

思い切って美容室を変えてみる

だんだんと行きつけの三鷹 美容室が居心地の悪い所になってしまった、と言う事は、一度、美容師と常連の関係、という立場を解消するのが良いと思います。お客は単に近所づきあいをしている訳ではありません。言ってしまえばきちんと料金を払っている訳です。その料金に見合う満足度が欲しいと思うのは当然ですし、その満足度の中に、担当の美容師との関係性も含まれているはずです。その人に担当してもらうのが、ちょっと嫌だな、と思う様になったのならば、その人為に支払う料金は、勿体ないな、と感じるはずです。美容師とお客の関係は長引けば長引くほど、何となく離れづらいものになってくるでしょうけれども、本来はそんな事はないはずです。美容師という職がなぜか「先生」と呼ばれていると、なんとなくお客はいう事を聞かなくてはいけない、逆らってはいけない、相手はプロなのだから、という意識が芽生えてしまうのでしょうけれども、それはおかしいですよね。確かに行きつけの美容室を離れる、と言う事はまた一から美容室を探さなくてはいけませんし、満足のいく美容室に出会えるまでには年月もかかるかもしれませんが、居心地の悪い思いをする時間にお金をかけるのは、良くないと思いますね。思い切って別の美容室に行ってみるのもいいと思ます。