お気に入りの美容室の美容師さんがやめてしまった。

お気に入りの美容室

お気に入りの美容室のはずだったのに

行きつけの美容室があると安心は安心なのですが、長年一つの美容室に通い続け、一人の担当者の方にお願いしている場合、時にはお互いに「何も言わなくても大丈夫」「少々無理を言っても許される」などのなあなあな関係が知らず知らずのうちに出来上がってしまっている事があります。お客さんの方からしたら、「ちょっとぐらい時間に遅れたり変更したりしても大丈夫だろう、怒ったりはしないだろう、長年来ているのだから」という意識になりますし、美容師の方からしたら「いつも来てくれているお客さんだから、少々失敗しても許してくれるだろう、新しいヘアスタイルのモデル的な事もお願いしてもいいだろう」などという意識が芽生える事があるようです。そういうお互いの甘えが過ぎてくると、これまで良かったはずの関係がぎくしゃくしてくることがあるようです。例えば、美容師さんがあたらしシャンプーやトリートメントなどを調布 美容室が仕入れた場合、常連さんに進めたりします。常連さんの方は、いつもお世話になっているんだから、買ってあげようかな、という気持ちになってしまったりします。その回数が増えてくると、なんとなく、押し売りをされている様な気持ちにもなってくるものです。長く付き合うコツはそれなりの距離も必要と言う事でしょうね。